【これはない】小山田圭吾 クイック・ジャパン「いじめ紀行」で22ページにわたり当時のいじめ自慢がありドン引き! 「当時はこれが普通の風潮」との声も?

【これはない】小山田圭吾 クイック・ジャパン「いじめ紀行」で22ページにわたり当時のいじめ自慢がありドン引き! 「当時はこれが普通の風潮」との声も? ニュース

小山田圭吾氏障がい者いじめ告白雑誌を入手

日刊スポーツは当該誌を入手して確認。22ページにわたって、いじめを語っていた。小山田氏が障がい者として紹介するAさんに対し、言語障害と決めてバカにしたり、段ボール箱に閉じ込めて粘着テープで縛り「黒板消しで『毒ガス攻撃だ!』ってパタパタやって」という行為を行ったりした小学生時代を告白。高校でも続き「障害がある人とかって図書室にたまる」「きっと逃げ場所なんだけど」と認識しながら「みんなで見に行こう」と通ったこと、体育倉庫で「マットレス巻きにして殺しちゃった事件とかあったじゃないですか、そんなことやってたし、跳び箱の中に入れたり」と悪びれることなく明かしている。

掲載当時、小山田氏は26歳。分別のつく成人が、ダウン症の生徒が通う特別支援学校を笑い話にしたり、本人いわく「朝鮮人」という男子へのいじめを悪びれることなく告白している。インタビューはAさんとの高校卒業式での会話で締めくくられた。進路を聞き「ボランティアをやりたい」と答えたAさんに対し、小山田氏は「おまえ、ボランティアされる側だろ」-。

開会式作曲の小山田圭吾氏障がい者いじめ告白雑誌を入手 五輪理念に逆行(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
東京五輪・パラリンピック組織委員会が14日に発表した五輪開閉会式の制作メンバーに、作曲家として名を連ねた小山田圭吾氏(52)の過去発言がSNSやインターネット上で炎上している。障がい者をいじめていた

主だったツイート

SNSでの反応

当時はインターネット人口が非常に少なかったため、雑誌に当該記事が掲載されていた事実を知る機会がなく、
ネット普及率の上昇と時間の経過により知る人が増え、どこのマスメディアも紹介しないから何度も蒸し返した様に見えるのだと思う。
いじめへの意識の変化もあるが主要因とは思えない。

このtweet、私がサブカル界隈を嫌悪していた理由が凝縮されてるなあ。
学生時代、今で言う意識高い系というか賢くかっこよく見えるんだけど、そっちに渡れない壁のようなものがあった。私がアホだからと思ってたけど。 

いじめ、というのもね。虐待、暴行レベルのことを「悪趣味ブーム」で片付けるのもどうかと。問題にならなかった、当時が狂ってるんであって。個人的には、あれ読んで、一気に幻滅しましたが…。やったことも論外ですが、あんなやりとりをヘラヘラ掲載する、編集ライターと、それを許した側に唖然です。 

むしろライターがちゃんとライターしてたといえるのかもしれませんね。週刊誌的な文脈で。 

でも90年代の吉田豪さんも、あきらかに社会的に問題がある発言に対して批判ではなく、このQJとライターのように肯定的な合いの手を入れて、さらに扇動してしゃべらせようとしてませんでした?

ツイッター以外では大して話題にならないが。
にしてもいじめられた側は一生背負って生きるってほんとやな…

単に当時、掲載された記事を読んだ人が限られただけ。論点ずらしと思われても仕方ない。当時だって世間に知られていたら当然叩かれていた

一昔前は『イキってる』がカッコいい時代だったけど今はダサいって感覚だと思う。

雑誌の掲載が1995年。山形マット死事件が1993年。世間の常識が変わった?あの当時でもいじめは社会問題じゃなかったのかな?
いじめ?事態はそれ以前なんだろうけど、よく、26歳の人間がインタビューであんなこと言えるな。

だから何?
結局、何が言いたいの?
「小山田さんだけが悪かった訳じゃない」なら「で?」だし、「だから小山田さんをこれ以上叩くな」なら「そうはならんやろ」なんだけど。
ひょっとして「当時はこうだった」紹介がしたいだけ? 

タイトルとURLをコピーしました